医学部を目指す!医学部受験の難易度・合格率・おすすめ勉強方法やモチベーションアップ方法などを紹介

このサイトでは医学部を目指す人向けに役立つ情報を紹介しています。
医学部受験の難易度・合格率・おすすめ勉強方法やモチベーションアップ方法なども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
そもそも医学部を受験するならば、予備校や塾に通うべきなのかという疑問にもお答えしています。
予備校・塾に通うことに迷う場合には目を通してみるのがお勧めです。
また、独学で医学部の受験をクリアすることは可能なのかどうかも解説しています。

医学部を目指す!医学部受験の難易度・合格率・おすすめ勉強方法やモチベーションアップ方法などを紹介

医学部受験に合格して、大学では医師になるための勉強をしたいという人もいるのではないでしょうか。
医学部受験は一般的に難しいといわれていて、合格率の低い医学部では受験する人の倍率は30倍にもなることがあります。
狭き門であるため、医学部に特化した予備校で受験に向けた勉強をするのがおすすめです。
やる気を高めるためには、将来医師として活躍する自分のイメージを思い描いたり、同じ目標を持つ人と友人になったりすることが有効です。

医学部受験の難易度はどのくらいか

医療の道へ進む為には大学の医学部に合格して、専門的な勉強をする必要があります。
医学部受験は狭き門とも言われていますが一体どれくらいの難易度なのか、疑問に思っている人もいるでしょう。
医学部受験と一括に言っても、大学ごとに偏差値には大きな差があります。
国公立大学の医学部と私立大学の医学部では、試験の科目数や試験形式にも差があります。
平均的な偏差値でみると60台半ばから、大学の最高峰と言われる東京大学で73程度必要とされています。
受験を検討中という人は最低でも60以上、ボーダーラインとして65以上は欲しい所です。
難易度の目安として倍率がありますがこれも大学ごとに差が大きくあり、国公立大学の医学部では2倍から10倍程度私立大学の医学部では5倍から45倍となっています。
難易度として医学部受験は高い傾向であることが分かりますが、合格を目指すなら自分の学力にあった志望大学選びや学習環境をいかに整えるかが大きなカギとなります。

医学部受験者のうち現役での合格率はどのくらい?

医療の道に進む為には、大学の医学部に通い勉強に励む必要があります。
医学部受験は難易度が高いとされていて現役合格が叶わず、浪人生活を送りながら受験に再チャレンジする人も多いです。
あるデータによると合格者のうち、浪人での受験者の合格率が約6割を超えるというデータがあります。
現役高校生の合格率は約4割程なので、学校での授業を受けながら受験勉強を重ねても狭き門ということが分かります。
国公立大学の医学部と私立大学の医学部では試験の科目数や試験形式も変わり国公立大学の医学部では、現役合格者の割合が約5割を超え全国平均よりも高い合格占有率となっています。
私立大学の医学部の方が国公立大学の医学部合格よりも現役合格する割合が少ないというデータもあり、偏差値が高い医学部受験で見ると現役の高校生の合格者が多いという傾向があります。
狭き門であることに変わりはありませんが、自分の学力を知り効率的に学力を上げて志望校合格を目指すことをおすすめします。

医学部受験の難易度は大学によって差がある

高校卒業後の進路として医学部を考えている方が多くいると思われます。
医師は社会的地位を得ることができますし、高収入の仕事の一つなので、賢明な選択だと評価できます。
医学部受験の難易度は、目指す大学によってかなりの差があるのが現状です。
地方の偏差値がそこまで高くない大学と誰でも知っている難関大学では全然違うことを認識しないといけません。
偏差値が70を超えるところの医学部受験を目指しているのであれば、相当頑張らなければいけないですし、費用もかけるべきです。
また、大学によって選抜される基準も異なるため、どのような基準になっているか把握しておくことも大事になります。
医学部受験の際は、実際に行った人の意見を参考にしてみてください。
対策の方法など参考になる情報がたくさん得られるはずです。
使える情報は積極的に活用して挑戦することも、医学部受験を成功させるポイントになります。
周りにいないのであれば、ネットに掲載されている口コミでも構いません。

国立大学と私立大学のどちらが医学部受験の難易度が高い?

医学部受験を考えた場合、国立が抱くと私立大学のどちらを選ぶか迷う例も多いはずです。
ほとんどの場合、まずは学費が安いとされている国立大学を多くの人が希望します。
このため国立大学の医学部受験は難易度が高く、私立大学に比べて狭き門となる傾向にあります。
実力で突破できる場合は問題ありませんが、他にたくさんのライバルがいることを考慮すると、できるだけ難易度を抑えて受験を目指したいと希望するのも当然のことです。
学費の工面ができる場合は、国立よりもまだ難易度が低めの私立大学の医学部受験が優先されるでしょう。
また、医学部受験で少しでも入学できる確率を上げたいときに活用されているのが推薦入学です。
国立大学が難しい場合には私立大学の推薦入学が利用されることになります。
ただし指定校制や公募制など大学によって差があるため、自分の学校が指定されているか、あるいは条件に合っているかをあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

筆者:杉本護

筆者プロフィール

東京都目黒区生まれ。
医学部受験についての様々な情報をまとめました。
医学部受験 東京